コンディショニングトレーニング講座(アドバンス)3/10回目報告

現在開催している指導者向けの講習「コンディショニングトレーナー養成講座」の3回目が終了しました。

筋トレは立位で行う事が多いです。でもまっすぐ立つ事はとても難しい。

まっすぐ立てないと良い姿勢になれない、、そして良いトレーニングフォームも作りにくいのです。

良い姿勢は正しいフォームを作るために必要なのです!

その良い姿勢作りをコントレでは9つのトレーニング姿勢に分けて学んで行きます。

各姿勢で使う筋肉が変わり、その体感に受講生の方も楽しんでいました(笑)

まっすぐ立つ時にどの筋肉を意識するか?

背中、腹筋、お尻、、、重要と言われる筋肉は人それぞれです。

答えは全て大切です。

地球という重力がある世界でまっすぐ立つ、座るという行為は筋肉がなければ行えません。

この重力に抵抗する筋肉を抗重力筋(こうじゅうりょくきん)と呼びます。

でっ、どこの筋肉か?と言いますと、、全身全てです!

最近は「姿勢には体幹(腹筋、背筋)が重要」と流行っています(笑)

確かに重要です。

中心となる筋肉ではありますが、他の筋肉も鍛える必要があります。

だから様々な姿勢を用いる事で姿勢作りに必要な筋肉に刺激を入れるのです。

※写真は四つ這いでのバックキック。ここからバリエーションを加えます。

姿勢は仰向け(2つ)、うつ伏せ、横向き(2つ)、四つ這い(2つ)座位(2つ)と同じ姿勢でも難易度を分けると9つにまで分類出来ます。

コントレは良い姿勢を作るためのメソッドです。

講習中は動きを覚えるだけでなく、受講生同士で姿勢の確認を入念い行います。

良い姿勢が作れるとウエイトトレーニングの効果にも変化が生まれます。

講習が終わると疲労感もあるのですが、身体が整うので軽やかに帰宅されます。

身体が動くのでモチベーションが高まるのでしょう。

先日はこんな報告メールをもらいました!

嬉しいですね^^

早速復習されて素晴らしいです!

コントレを行えば身体のバランスが整いウエイトトレーニングの効果も一層引き出せる!と改めて確信しました。

私以外の受講生も自ら実践して感じられた効果は、私自身も大変喜ばしい事です。

残り5回も講習があります。もっと上手くなってしまいますね^^

【コントレ アドバンス講座】

次回は2018年4月に開催予定となります。

体験講座もご用意ありますので、ご希望の際は以下のフォームよりご連絡ください!

メール送信フォームより「件名:その他 コントレ体験講座について」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする