ダイエットで夜食はやはり厳禁!少食でも夜に食べると太ります

当たり前ですが、夜中に食事を摂ると太りやすいです。

これはビーマル1(ワン)と呼ばれる体内の物質が脂肪合成酵素を
刺激する為です。

「どうしても夜に食べてしまう、、」と相談される事が多いのですが、これはダイエットに一番と言って良いほどの禁止事項です。

人間は夜に食べれば太りやすい動物なのです。

ただ!太りにくい時間帯もあります!

夜食の締めで食べていたラーメンも、どうせなら太りにくい時間帯で食べるように心がけましょう!

そんな太りにくい食べ方をご紹介。

【どんなに少食でも夜に食べれば身体に溜め込みます】

ビーマル1は、体内時計の働きに作用しているタンパク質の一種です。

脂肪の分解を抑える働きがあります。

という事は、ビーマル1が働けば(分泌が多いと)脂肪を溜め込みやすくなるのです。

本来人間は「夜、活動量を落として寝る準備を行う」設定になっています。

そのような体内時計(サーカディアンリズム)を持っています。

日中陽が出ているうちは代謝をあげ、陽が沈めば自然と代謝を落として身体を回復させる時間へとはいります。

例えば同じ量の食事を摂った、2つのケースを考えてみます。

①朝、昼をとり、夕方は少なめ設定。

②朝は欠食、お昼と晩でその分しっかり食べる

同じ量、カロリーであっても太りやすいのは②なのです!

面白い事にビーマル1の分泌量は1日の中でも分泌量に変化があります。

一番分泌が多いのは22:00〜2:00。この時間に食事を摂れば太りやすいのです。

逆に日中14:00〜18:00辺りは分泌が少なく、太りにくい時間帯となります。

このビーマル1の分泌の性質を考えれば、晩御飯は早めに済ませる事を意識したいですね!

ただ18:00に飲み会を終わらせる事は難しいので、頻度を調整する方が得策です(苦笑)

【いつかの夜更かしがサーカディアンリズムを崩します】

理想的な食事「朝ご飯をしっかり食べて、3食バランスよく!晩御飯は控えめに」と頭で分かっていても、なかなか実践出来ない方もいらっしゃると思います。

その原因として、前日の夜更かしがあります。

夜遅くにご飯を食べれば内臓が疲れている為、朝の食欲が起きません。

この悪しきリズムはどこかで調整したいです。

【空腹時間が長い状態でも身体への溜め込みは大きくなります】

朝ご飯を欠食したから、お昼ご飯はたっぷり食べても良いだろう!と考えてしまいがちです。

お昼はビーマル1の分泌が少ないので、脂肪の吸収は少ないはずです。

ただ別の要素で考えると、この食べ方も実は太りやすい食べ方なのです。

人間は食事の感覚が大きく空くと、次の食事(エネルギー)を溜め込もうとする性質があります

例えば夜更かしして大食い。満腹のまま睡眠。その間は5時間の絶食。

朝起きて内臓が重いので朝ご飯は欠食。

結果、お昼ご飯まで約10〜12時間絶食時間を作ってしまった事になります。

身体は「あー、やっとエネルギー入ってきた!次にいつ補給できるかわからないから、補給しておこう!」となります。

「朝ご飯を欠食したから、その分お昼や晩御飯で!」という食べ方は太りやすい食事方法なのです。

この「朝ご飯欠食、お昼と夜にガッツリ」の食事方法は力士が毎日実践している方法です。

彼らは朝ご飯前に稽古を行います。

その後、ちゃんこをお腹いっぱいに食べてお昼寝をします。

身体を大きくする為にはとても効率的な方法です。

ただ、力士の場合は朝稽古という身体への負荷(トレーニング)があるので筋肉も作られます。

一般の方が運動不足でこのような食事を行えば、太っていくのは目に見えているのです。

【まとめ】

18:00までに晩御飯を済ます事は、太りにくい食事としては理想です。

ただ現代社会として簡単ではありません。

その場合は晩御飯を少なくする、炭水化物をカット(夜のみ)なども有効な方法です。

また就寝の際まで満腹感が残るのは明らかに食べ過ぎです。

晩御飯から就寝まで理想の時間として3時間などと言われる事が多いです。

これも各々の生活が違うので、食べる時間、食べる量、就寝までの時間をご自身に合わせて調整するしかありません。

身体作りは理想はありますが、各々の生活が違うのでパーフェクトに行う事は出来ません。トライ&エラーで試しながら行う事も重要です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする