ダイエット中、好きな食べ物を我慢しないでも成功できます

ダイエット中なのに、お菓子やお酒を飲んでいる方を目にします。

それなのにダイエットがうまく行っている!?これ事実です。

なぜ、好きな物を食べているのにダイエットが成功するのでしょうか?

ずるいですよね 〜(苦笑)

でも食べ方のルールが分かればダイエット中であっても好きな物は食べられるのです!

まずはこの3つも基本ルールを抑えてお来ましょう!

【まずオーバーカロリーを避ける!】

人間は必要なカロリー以上に食事を摂れば身体の中に脂肪として蓄えます。

「必要なカロリー内でおさめる」が体型を維持する為には重要なのです。

極論、ダイエット中にお菓子を食べたり、お酒を飲んでもオーバーカロリーにならなければ問題ないのです。

ちなみに1日の最低限の必要エネルギーはこちらとなります。

「男 性」

■15〜17歳

  • 活動量レベル1:(ほとんど座っての作業)2350Kcal
  • 活動レベル2:(立ち仕事、通勤通学での移動を行う)2750Kcal
  • 活動レベル3:(余暇にスポーツを行う)3150Kcal

部活動を行っている中学生や高校生は、なんと3100Kcalが最低限の摂取カロリーです。

それに対して働き盛りの30代、40代は筋肉量も落ち始める為、食事の量を気をつけないといけません。

■30〜49歳

  • 活動量レベル1(ほとんど座っての作業)2250Kcal
  • 活動レベル2(立ち仕事、通勤通学での移動を行う)2650Kcal
  • 活動レベル3:(余暇にスポーツを行う)3050Kcal

たった100Kcalの差かと思うかと思いますよね?

ご飯でいえば、お茶碗半分の量がオーバーカロリーとなるのです。

これを72日(脂肪1kgに相当する7200Kcal分)繰り返すと脂肪1kgを体内に蓄える計算となるのです。

 

「女 性」

女性は男性に比べて筋肉量が少ないのです。それだけ必要なエネルギーも少なくて済むのです。

■15〜17歳

  • 活動量レベル1:(ほとんど座っての作業)1900Kcal
  • 活動レベル2:(立ち仕事、通勤通学での移動を行う)2200Kcal
  • 活動レベル3:(余暇にスポーツを行う)2550Kcal

■30〜49歳

  • 活動量レベル1(ほとんど座っての作業)1700Kcal
  • 活動レベル2(立ち仕事、通勤通学での移動を行う)2000Kcal
  • 活動レベル3:(余暇にスポーツを行う)2300Kcal

まずダイエットでは、オーバーカロリーにならないように食べる事が基本なのです!

【身体の症状に合わせて足りない栄養素を考える】

食べたい物があれば必要なエネルギー内で抑えれば良いのです。

ただ、いくら必要なカロリー内で抑えていても栄養不足になっては意味がありません。

肌荒れ、髪がぱさつく、肌がカサカサ、吹き出物等のトラブルは栄養不足が原因がです。
必要なカロリーで食事量を整えたら、食事の内容にも目を向けましょう!

例えばコンビニでおにぎり2個、唐揚げ、コーヒーを買ったとします。

 

エネルギー源(炭水化物、脂質、タンパク質)が主な栄養素です。

このメニューは私も好きです(笑)

ただ!

身体の調子を整える、ビタミンやミネラルが足りません!

具体的にはおにぎりや唐揚げの量を減らして、サラダや果物を追加したいです。

ビタミンやミネラルは身体の調子を整える栄養素です。

糖質を上手にエネルギーに転換したり、タンパク質の吸収も助けてくれます。

この野菜や果物を外食でも積極的に摂取しましょう!

糖質と脂質でのみお腹いっぱいにならないように、

野菜類をうまく食事に取り込めば食べ過ぎの防止も可能です!

 

【晩御飯の糖質は必要ありません】

一日の必要なカロリーで抑える、食べる内容も充実させる、最後に就寝間際に食べる事を避けましょう。

 

夕方以降はタンパク質(筋肉、皮膚、髪の材料)が中心になる食事にします。
晩御飯は糖質を抜いても構いません。もちろん食べても良いのですが朝、昼ほどは必要ありません。

『ビーマル1』とよばれるホルモンの存在もあり、太りやすい時間帯なのです。

同じ食事でも時間帯によって必要な栄養素が変わってくるのです!

 

まずはこの3つの基本から始めてみてみましょう!

「好きな食べ物を摂っていても体重が少し減った!」は可能なのです。

 

このブログを書いている人
著者プロフィール
2017年4月時点で、トレーナー歴20年のベテラン。今でこそ人様の身体を預かる仕事をしていますがなんと元々は虚弱体質でした。現在は「怪我をしないでいかに強くなるか?」を探求し続けています。
恵比寿Mind_Bodyのスタジオ名で、パーソナルトレーニング専門スタジオを28歳で開設し、完全プライベート空間でのトレーニングシステムは業界でも先駆け的となりました。
スタジオ開設丸12年は業界でもトップ!鈴木謙太郎ブログではパーソナルトレーナーによる様々な体の知識を更新しています!

詳しいプロフィールを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です