一生太らない体質など無し!痩せやすい身体は一時的なもの

肉体改造、体質改善なる言葉をよく耳にします。

「太らない身体を手にいれた!」とありますが、、これは残念ですが無理があります(汗)

少し言い方を変えて「太りにくい身体」ならありです。

では、一生太りにくい身体はあるのでしょうか?

答えはNOです(泣)

でも一生太らないでいられることは可能です。

加齢すれば太りやすくなる理由、そしてその改善策をご案内!

【筋肉は速筋から落ちます】

筋肉には2種類のタイプがあります。

通常白い筋肉と言われる速筋(そっきん)力強い作業を行う際に働きます。

日常生活ではあまり使われず、加齢と共に落ちやすいので積極的に鍛えたい筋肉です。

それに対して赤い筋肉は遅筋(ちきん)と呼ばれます。持久力に長けているので日常でも比較的使う機会が多いです。

部位によっても違いがあり、ふくらはぎなどは遅筋が豊富です。

「年をとってくると太りやすくなる、、」と誰しもが感じる悩みです。

この対策に対して有効なのは、、速筋を鍛えることです!

そして速筋は筋力トレーニング(ウエイトトレーニング)など高強度な物でしか鍛えることはできません。

ランニングなどの持久力トレーニングでは速筋を鍛えることは難しいのです。

【太りにくい身体を維持するためには】

筋肉(速筋)は負荷をかけなければ細くなります。

30歳を過ぎて日常生活のみ行っていた場合、年1%の筋肉が落ちると言われています。

これは先の話で出てきた速筋が優先的に落ちます。

これを食い止める為には筋トレ(ウエイトトレーニング)が一番なのです。

筋肉が少なくなれば代謝も下がります。

やはり、太りにくい身体は一生続くわけではありません。

ただ、継続してトレーニングを行えば太りにくい身体の維持は可能です。

70代、80代であっても素晴らしい肉体をお持ちの方もいらっしゃいます。

また、幾つになってもトレーニングを始めれば身体は変わる事も是非お伝えしたい事実です。

ここで広島トレーニングセンターの金澤会長をご紹介させてください。

一方的に存じていますが、金澤さんは79歳でありながら現役のボディービルであります。コンテストでの見事なポージングをご覧ください!

ちなみに、元アスリートが肥満体型になっていくのをよく目にします。

これは現役時代の食欲をそのまま引退後も行っている結果です。

筋肉は落ちる、でも食欲はそのままでは確実に余ったエネルギーが蓄えられていくのです。

【太りにくい食事と併用する必要があります】

どんなに食べても太らない、、は幻想です(笑)

人間は食べて余ったエネルギーを身体に蓄える動物なのです。

例えば体重60kgの方がフルマラソンを1回走ると約2500キロカロリーを消費します。

ショートケーキ1個をざっくり340Kcalで計算すると約7、4個食べれます。

毎日7個ケーキを食べても太らない、、スイーツ好きには夢のような話ですが、毎日フルマラソンを走ることは現実的ではありません。

毎日トレーニングを行っていたアスリートでさえも、現役を引退すれば体型が崩れます。

食欲はそのまま、現役時代のような食事量を摂れば見間違えてしまうくらい?の体型になってしまうのです。

この例を考えても一生太らない身体などない!と断言できます。

太りにくい身体は定期的な運動(筋トレ)と節度を持った食事が王道なのです。


このブログを書いている人パーソナルトレーナー鈴木謙太郎
2017年4月時点で、トレーナー歴20年のベテラン。今でこそ人様の身体を預かる仕事をしていますがなんと元々は虚弱体質でした。現在は「怪我をしないでいかに強くなるか?」を探求し続けています。
恵比寿Mind_Bodyのスタジオ名で、パーソナルトレーニング専門スタジオを28歳で開設し、完全プライベート空間でのトレーニングシステムは業界でも先駆け的となりました。
スタジオ開設丸12年は業界でもトップ!鈴木謙太郎ブログではパーソナルトレーナーによる様々な体の知識を更新しています!無料メルマガも配信中!

詳しいプロフィールを読む


フォローする