頭痛もプチ夏バテの症状。頭痛は放って置かずに積極的な処置を!

人間は汗をかくことで体内の熱を放出することが出来ます。

汗をかくことは体温調節に重要な機能です!

ただ、汗をかくことで失われる水分と塩分(ミネラル)の補給が重要です。

こうやって、暑さという負荷で必要な栄養素が体外へ放出されます。

ジワジワとくる夏バテの症状、、

慢性的な頭痛、倦怠感、こむら返り等思い当たりませんか?

特に頭痛!本当に暑いのが原因ですか?

頭痛は軽く考えてはいけません!

【暑さが原因で頭痛はおきます】

まず、熱が体内にこもり、頭痛を引き起こします。

その際に身体を冷やすことで手っ取り早く、症状の改善が期待できます。

冷たい氷を当てたり、シャワーで身体を冷やすことで上がりすぎた体温を下げることが出来るからです。

暑さが原因で生まれる諸症状、軽いものはこれだけで改善します。

 

一つ注意があります!

身体を冷やす道具として、保冷剤などは直接皮膚に当ててしまうと火傷の可能性があるのでご注意を!

 

身体を冷やしただけでは症状が改善されない場合、速やかに汗で失った物(水分、塩分)を補う必要があると以前の記事でお伝えしました。筋肉の痙攣なども水分や塩分の不足が原因となっていましたね。

 

そして、暑さで頭痛さえも引き起こす事があるのです!

汗をかき血液が少し粘性を持った状態(ドロドロ)では血流が悪くなります。

血液の流れが悪いということは、血液内の酸素がうまく運搬されない状態です。

頭に血が行き届かない感覚、あれは間違っていません。

暑くて頭がフラフラ、またはキーンとした痛み、実は軽い酸欠でもあったのです。

【暑さで血圧も下がります】

暑さにより毛穴は広がり、血管も拡張します。

そうなると、広がった血管を流れる血液は緩やかになるのです。結果、血圧は下がります。

血圧が下がるとフラフラする感覚はイメージできるかと思います。

また、血管が拡張することで広がった血管が頭の血管を圧迫する事でも頭痛を引き起こす原因となるのです。

 

【暑さによる頭痛の改善方法】

先のようにシャワーや氷袋などで頭を冷やす事で血管は収縮します。

程よく縮まった血管で本来の血流を保つ事が出来ます。

また、冷たい飲み物や食べ物もこのような時にはお勧めです。

体内から体温を下げる事が出来るので摂取する事をお勧めします。

オーバーカロリーになった分は後に解決すれば良いのです。

片頭痛を良く起こす方は、頭を冷やした方が症状が軽くなる事を知っています。

逆に温めると血管の拡張により、余計頭痛がひどくなる事も経験的にも知っているのです。

やはり暑さで起こる頭痛の改善には冷やす事が手取り早く有効です。

 

ただ!!

頭痛が頻繁に起こる際、脳血管に関する障害も考えられます。

暑さに関係なく、慢性的な頭痛を軽く考えてはいけません!

ましてや街のドラッグストアで購入した頭痛薬などで、痛みをやり過ごす事を繰り返しては危険です。

このような場合は、病院での検査を面倒に思わず必ず受診してくださいね^^

 

このブログを書いている人
著者プロフィール
2017年4月時点で、トレーナー歴20年のベテラン。今でこそ人様の身体を預かる仕事をしていますがなんと元々は虚弱体質でした。現在は「怪我をしないでいかに強くなるか?」を探求し続けています。
恵比寿Mind_Bodyのスタジオ名で、パーソナルトレーニング専門スタジオを28歳で開設し、完全プライベート空間でのトレーニングシステムは業界でも先駆け的となりました。
スタジオ開設丸12年は業界でもトップ!鈴木謙太郎ブログではパーソナルトレーナーによる様々な体の知識を更新しています!

詳しいプロフィールを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です