夏バテ対策にはこれ!あえて大汗をかきましょう!

 

現代はエアコンの設備が充実している為、夏なのにあまり汗をかかない方もいる
ようです。

熱中症も怖いですが、エアコンに頼るばかりで体温調節機能が衰えているのも
事実です。
オフィスワークをされている方達は「エアコンでむしろ夏の方が寒い、、」と言われます。
オフィスのエアコンで震え、そのままランチタイムに外へ出ると一気に毛穴が
開きます。

そしてオフィスに戻って、エアコンの効いた部屋に戻っても開いた毛穴が閉じにくい、、
こんなやりとりが夏風邪の原因にもなるのです。
これは自律神経を介して毛穴の筋肉をはじめとした「体温調節のエラー」が起きている状態です。

結構思いあたる方、いらっしゃるのではないしょうか?

その解決方法としてはこちら!

【まず汗をしっかりかく!そして水シャワーがお勧め】

汗をかく事は「体内の熱を体外へ放熱する作用」です。
体温調節には必需の機能なのです。

汗がかけないと、体温が体内にこもります。

夏場のほてり、思い当たりませんか?

これは体内に熱がこもっている状態かもしれません。

汗をかき、体温を下げる機能を活性化させる為には、お風呂が有効です!

シャワーで済まさず、浴槽でしっかりと身体を温めて汗をかきたいところです。
半身浴などで15〜20分、じっくり入浴しましょう。

鈴木も当初、長風呂が苦手でした。

少しでも時間を稼ぐために、入浴中に歯を磨いたりしています。

かなりじっくりと磨けますよ(笑)
ちなみに、良い汗のかき方とは「玉のような汗」をかける状態です。

全身の毛穴がひらき、丸型の汗をかきます。


半身浴中では上半身に玉のような汗を確認できると思います。

そんな汗のかき方が出来るように目指しましょう!
そして全身でかいた汗は、汗臭さも少ないようですよ^^

【お風呂後に水シャワーを浴びるのがオススメ!】

鈴木はこの約3年間、水シャワーをお風呂後に必ず浴びています。

とても効いている!と実感しております。
充分に汗をかけるようになった後は、急激に毛穴を閉める事が出来る事も
大切です。

これはエアコンの冷気耐える対策になりますね!

暑い屋外、寒い室内を行き来する際、毛穴の筋肉が瞬時に働く必要があります。 

 これは自分で判断して「あっ、毛穴しめようかな」とはいかず、自律神経が無意識に調整をしてくれます。

 

この反応が弱くなると「あれ、さっきまで暑かったから毛穴ひらいていたのに部屋が寒いな~」となり、無防備な状態(毛穴ひらきっぱなし)でエアコンの冷風にさらされます。
温まった身体で水シャワーを浴びる!
身体に一通りかけるだけで充分です。

意外と気持ち良いですよ^^

このブログを書いている人
著者プロフィール
2017年4月時点で、トレーナー歴20年のベテラン。今でこそ人様の身体を預かる仕事をしていますがなんと元々は虚弱体質でした。現在は「怪我をしないでいかに強くなるか?」を探求し続けています。
恵比寿Mind_Bodyのスタジオ名で、パーソナルトレーニング専門スタジオを28歳で開設し、完全プライベート空間でのトレーニングシステムは業界でも先駆け的となりました。
スタジオ開設丸12年は業界でもトップ!鈴木謙太郎ブログではパーソナルトレーナーによる様々な体の知識を更新しています!

詳しいプロフィールを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です