一生太らない体質など無し!痩せやすい身体は一時的なもの

肉体改造、体質改善なる言葉をよく耳にします。

「太らない身体を手にいれた!」とありますが、、これは残念ですが無理があります(汗)

少し言い方を変えて「太りにくい身体」ならありです。

では、一生太りにくい身体はあるのでしょうか?

答えはNOです(泣)

でも一生太らないでいられることは可能です。

加齢すれば太りやすくなる理由、そしてその改善策をご案内!

“一生太らない体質など無し!痩せやすい身体は一時的なもの” の続きを読む

鈴木の得意メソッド、コンディショントレーニング

コンディショニングトレーニングというメソッドを鈴木はお勧めしております。

通称コントレです。(以下、長いのでコントレと表記します・笑)

筋トレは聞いたよく聞く言葉です。

ではコントレとは?

これって流行っているの?

誰が考えたの?をご紹介いたします。

 

その前にコントレの出来る事はこちらです!

ダイエットとして使えます。そして美脚にもなれます!

腰痛や肩こりの改善にも有効です。

身体のバランスを整えるメソッドなので膝や足首など全身の関節の調整ができるトレーニング法です。

身体を整えながら引き締める事もできる!?

いい事づくめのコントレは鈴木の得意メソッドでもあります!

“鈴木の得意メソッド、コンディショントレーニング” の続きを読む

夏バテ対策にはこれ!あえて大汗をかきましょう!

 

現代はエアコンの設備が充実している為、夏なのにあまり汗をかかない方もいる
ようです。

熱中症も怖いですが、エアコンに頼るばかりで体温調節機能が衰えているのも
事実です。
オフィスワークをされている方達は「エアコンでむしろ夏の方が寒い、、」と言われます。
オフィスのエアコンで震え、そのままランチタイムに外へ出ると一気に毛穴が
開きます。

そしてオフィスに戻って、エアコンの効いた部屋に戻っても開いた毛穴が閉じにくい、、
こんなやりとりが夏風邪の原因にもなるのです。
これは自律神経を介して毛穴の筋肉をはじめとした「体温調節のエラー」が起きている状態です。

結構思いあたる方、いらっしゃるのではないしょうか?

その解決方法としてはこちら!

“夏バテ対策にはこれ!あえて大汗をかきましょう!” の続きを読む

ダイエットに有効なのはランニング?それともウォーキング?

よく聞かれる質問で「ダイエットにはウォーキングとランニング、どっちがいい?」があります。

もちろんランニングの方が運動中の消費カロリーは多いです。

覚えやすい指標をお伝えしますと、体重60kgの成人男性が30分のウォーキング(時速6キロなので少し早目)で187キロカロリーの消費、ランニング(時速10キロ)では253キロカロリーを消費出来ます。

この話を先にしてしまうと「ランニングでないと痩せないのか、、」とがっかりしやすいものですが、そんなことはありません!

重要なのは一ヶ月単位で消費したカロリーです。

では脂肪1kgを落とすためにランニングやウォーキングを何回行えば良いのでしょうか?

皆様のダイエット計画がこれで算出可能です。

“ダイエットに有効なのはランニング?それともウォーキング?” の続きを読む

アクティブホルモンのアドレナリンが脂肪の燃焼を促します!

筋トレ、有酸素運動などのトレーニングを行えば、日常生活と比べて心拍数は高まります。

運動を行えば、血液を全身の筋肉へ送る(循環)必要がありますが、その時心臓を早く動す為のホルモンが必要です。

そのホルモンはアドレナリン(副腎より分泌)と呼ばれています。ホルモンの中では有名です。こホルモンが分泌されると心臓を早く動かす事ができるのです。

意外かもしれませんが心臓も心筋(しんきん)と呼ばれる筋肉です。この筋肉がたくさん動けばもちろん消費エネルギーは増えるのです!

ダイエットに必要なこの心臓の働きですが、アドレナリンの分泌が悪く、思うように高速で動いてくれない方もいます!

心臓の拍動(はくどう)は車で言えばアクセル全開の状態。アクセルの反対のブレーキをかけたままの方も多いのです。

車であれば大変な事です、、

ダイエットに重要なアドレナリンを瞬時に反応させる生活スタイルをご案内します! “アクティブホルモンのアドレナリンが脂肪の燃焼を促します!” の続きを読む

春に眠くなる原因は自律神経にあった!対策は運動が一番

春は眠くなる、、当然のよう事ですが理由はあります!なぜでしょうか?

この寒暖差に身体を慣らしていかなければ、ゴールデンウィークから軽い夏バテ症状が出る可能性さえあります!

春はなぜ眠くなる?の理由と対策を書き出して見ました。

“春に眠くなる原因は自律神経にあった!対策は運動が一番” の続きを読む

ダイエット方法で本当の効果がでる期間は最低でも3ヶ月

最近は短期での身体作りが流行っている(苦笑)傾向です。
あえて、流行っていると書いてみました。

ここでいう短期ダイエットとは1ヶ月単位でのダイエットです。

これはそして生理学的にも実証されていますが「短期で得たトレーニング成果は、トレーニング中止から同じ期間で元に戻る」のです。

例えば、1ヶ月で身体を作っても、何もしなければ1ヶ月で元に戻るという事なのです。

“ダイエット方法で本当の効果がでる期間は最低でも3ヶ月” の続きを読む

トレーニングのやる気が出ない時はこのストレッチ

トレーニングのモチベーションを高く保つようにしていても、身体が疲れていては気持ちがついていきません。

トレーニングを行おうと思った日なのに気持ちがのらない、、
そんな日があると思います。

鈴木も、もちろんあるんですよ(笑)

では、そんな時にどうしているか?

仕事でも身体をかなり使う肉体労働者。だるくて仕事にならない、、なんてことはいけません!

そんな時、鈴木がトレーニング前に行うストレッチとは?
“トレーニングのやる気が出ない時はこのストレッチ” の続きを読む

気軽にできて体感度も高し!12時間ファスティング

ファスティングといえば通常、3日間が推奨されています。

人間の身体にはエネルギー(糖質)ストックがあります。ファスティング中はエネルギー源を口から入れないので、肝臓や筋肉の中にあるエネルギー(グリコーゲンと呼ばれる糖質)を積極的に使います。

それがなくなる(枯渇)事で、より脂肪代謝を活性させる仕組みになるのです。

が、、初めての場合3日のファスティングは結構きついです^^;

普段から食過ぎな傾向にある方、苦行以外の何者でもありません。

 

そこで!

12時間のファスティング(本来ファスティングと呼べないかもしれませんが)をお勧めしています。

トレーニングでも、いきなり重たいバーベル持つ事はできません!それと同じで空腹という負荷(ストレス)に耐えるだけの準備をしていきます。

“気軽にできて体感度も高し!12時間ファスティング” の続きを読む

ダイエットに必要な空腹に耐える能力

ダイエットを行う時、最大の敵は食欲です。

どうしても避けれない空腹感。

空腹感のないダイエット、、あるなら教えてもらいたいですね(笑)

でもこの空腹感、個人によって感じ方が違うのです!

強烈にお腹が空いて具合まで悪くなる方、お腹は空くけど耐えられる方と様々です。

できるならば、ダイエットの際は空腹感を感じないで食べる量を減らしたいですね。

それができればダイエットの成功率は高まること間違いなしです!

“ダイエットに必要な空腹に耐える能力” の続きを読む

【YOGAと筋トレ、どっちが痩せるか?その答えは、、】

よくお客様から「どんな運動が一番痩せますか?」と聞かれます。

それはズバリ!!

「なんでもOKです!!」

んっ!???
とクエスチョンマークが頭の中に出てきそうな回答なので、補足をさせていただきます。

“【YOGAと筋トレ、どっちが痩せるか?その答えは、、】” の続きを読む

【このジーンズを履く!こんなダイエットモチベーションはいかが?】

いきなりですが、鈴木は30インチのジーンズを履いています。
ウエストは74cm程ですが腿のサイズでこのサイズに落ち着いています。

以前は脚に合わせると、ボンタン(ちょい悪な男子高校生が履いていました)のようになっていました。

サイズで言えば34インチです。
今は程よいバランスに収まっています^^

今後も鈴木の身長など考慮して、30インチのジーンズが履けるような体型にしておくが最低限だと考えています。

“【このジーンズを履く!こんなダイエットモチベーションはいかが?】” の続きを読む

【今よりもっと筋トレを効かすコツ!】

【筋トレは使っている部位を意識しながら!は絶対です】

パーソナルトレーニングレッスンをお客様としていていると「使っている部位がわからない」と言われる事があります。

腕の裏、ももの裏、お尻、腹筋などが代表的な部位です。

この部位は、まさに皆様が普段から気になっている部位!

実はトレーニングで使おうと思ってもなかなか反応してくれません。

トレーニング中、使う感覚がわかりづらい、、
これは普段の生活の中で十分に使えていない証拠でも
あります。

では、なぜ筋肉が使いにくくなるのでしょうか?

“【今よりもっと筋トレを効かすコツ!】” の続きを読む

どんな身体になりたいか?最初に設定した方が良いです!

【どんなレベルで英語を話せるようになりたい?と身体作りは同じです】

私の話で恐縮ですが、、現在英語を習っております。
2016年にニューヨークへ行きましたが、そこで「もっと話せたら楽しめるのに、、」と思った事がきっかけでした。

“どんな身体になりたいか?最初に設定した方が良いです!” の続きを読む

自主トレよりパーソナルトレーニングが3倍良い理由

【日本人の僅か●%だけがトレーニングで結果を出している】

私もスポーツクラブのジムスタッフとして勤務していた時代があります。

当時、所属していたクラブは会員数が約3500人。中型のクラブです。

その中でトレーニング(筋トレ)で充分な成果をあげた方(またはハマった方)の割合を考えて見ました。

いつもジムでお会いするとフリーウエイト(バーベル、ダンベル)のエリアにいらっしゃる方が約30人とします。

3500人のうちの30人、、たった0.9%!!

かなり少ないですね(汗)

かなり多く見積もって300人で考えたとしても僅か9%なのです。

スポーツクラブでのトレーニング、独りで行い結果をだす方はトレーニングのセンスがある方達です。

ほんと安心してください!

実は筋トレって難しいのです!!

独りで行って結果がでる方が珍しいのです。

今までトレーニングのコーチ、パーソナルトレーナーがいなかった日本のジムのシステムがいけなかったのです。

“自主トレよりパーソナルトレーニングが3倍良い理由” の続きを読む