加圧トレーニング練習会(毎月1回開催)2017年12月

毎月恒例の加圧トレーニング練習会も12/17(日)で年内最後でした。

練習会納めはキング・オブ・エクササイズのスクワット!

最後にふさわしい、やりごたえのある種目です。

しかし、加圧ベルトを装着しての(両脚)スクワットはとても難しい、、

それを体験しながら適切な圧と重量を選んでいきます。

【ベルトをつけるとスクワットがやりやすくなる】

加圧ベルトとを装着するとスクワットがやりやすくなる!とお客様から言われた事があります。

これは鈴木もわかります。

理由としては『ベルトを股関節で挟むようにしてしゃがむ感覚』を感じやすいからです。

股関節を曲げて(屈曲)しゃがめない場合、膝が前方へ出ます。

(いわゆる椅子に座るように!と言われるフォーム)

このフォームでは脚の後面(お尻、もも裏)への刺激が弱くなるのです。

フォーム作りにも意外な貢献があります^^

と言っても!まず、正しいスクワットのフォームをベルト無しでお客様に説明しておくのは必要。

加圧ベルトを巻けばトレーニング中、全ての筋肉意識がわかりやすくなる!という事はありません。何事もフォームは大切です!

やはり基本となるウエイトトレーニングのフォームがあって加圧トレーニングの良さが最大限に引き出せると思います。

【圧は強ければよい訳ではない】

スクワットのフォームを保つ為に最適な圧があります。

スクワットで圧が強すぎると、股関節の屈曲がきかせされないのです。

これは股関節の屈曲する力(主に腸腰筋)にも比例すると考えます。

ついつい圧力が強いと良いと思いがちですが、ウエイトトレーニングと組み合わせる場合は【 圧 × 重量 × 回数 = 強度 】のバランスを考えていきたいです。

【ご新規のご参加大歓迎】

毎月1回、日曜18:30〜20:00にて加圧トレーニングの練習会を行なっております。

※次回は2018年1月28日(日)18:30〜20:00

鈴木がメニューを提示。それを皆様で実践してもらう練習会です。

■参加資格:加圧トレーニングインストラクターならどなたでもOK!(または資格取得希望の方)

■参加費:レッスン代として¥3240(税込) 

※当日、会場の恵比寿Mind_Bodyにて頂戴します。

■お問合せ:お申し込みフォーム「その他」より「加圧練習会参加希望」とご記入ください。


このブログを書いている人パーソナルトレーナー鈴木謙太郎
2017年4月時点で、トレーナー歴20年のベテラン。今でこそ人様の身体を預かる仕事をしていますがなんと元々は虚弱体質でした。現在は「怪我をしないでいかに強くなるか?」を探求し続けています。
恵比寿Mind_Bodyのスタジオ名で、パーソナルトレーニング専門スタジオを28歳で開設し、完全プライベート空間でのトレーニングシステムは業界でも先駆け的となりました。
スタジオ開設丸12年は業界でもトップ!鈴木謙太郎ブログではパーソナルトレーナーによる様々な体の知識を更新しています!無料メルマガも配信中!

詳しいプロフィールを読む


フォローする