便秘が改善!朝10分のティータイムが効果的

ダイエットを行う際のカウンセリングで便通の確認は必要な質問事項となります。

「えっ?恥ずかしい、、」と思われるかもしれませんがとても大切です!

パーソナルトレーニングでは体重や体脂肪率、便通まで確認させて頂くので信頼関係を気づいておかねばと改めて感じました^^;

ただ、便が出ない状態でダイエットは行えません!

便秘の原因にもいくつか種類はあります。

今回は緊張が原因で起こる便秘を毎朝たった10分の習慣で改善したお話を紹介いたします。

【緊張が多いと便秘になる理由】

人間は自律神経の作用で自動的に緊張(交感神経)とリラックス(服交感神経)を自然に切り替えています。

現代は緊張が多い世の中です。

仕事のストレス、満員電車、不安や焦りなど緊張状態になる事が多いです。そのような時は活動的な交感神経が優位となります。

排泄を行う際は副交感神経が優位の時です。緊張が続き、リラックスする時間が少なくなると便秘になるのはこんな理由だったのです。

食事を摂り、必要な栄養を摂取して要らない物は便として排泄する、、人間の身体は良くできています。

体内で便を作り、不必要な物を排泄するためにはリラックス(副交感神経優位)する時間が必要なのです。

もし便通が悪い場合「最近、忙しくて緊張ばかりだったかな?」と自分に聞いてみても良いかもしれません。

ちなみに、当たり前ではありますが便通が改善されただけで体重は減少します!

【朝、あと15分余裕を作りましょう!】

朝の忙しい時間ではありますが、あと15分余裕を作って見ませんか?

10分ほどのティータイムを作り、ゆっくり新聞を読んだり、テレビをぼーっと見て見ましょう。

そんな事をしていると「あっ!?トイレ、、」となってくれるといいですね。

実際に、このような朝の10分ティータイムで便通が改善された方が何人もいらっしゃいます。

プラス5分ほど、お手洗いの時間で余裕を持てば完璧です^^

 

【朝忙しい方は、夜の寝る前のストレッチで便秘改善】

便は本来、毎日排泄されるものです。

まずは一日のうち、どの時間でも良いので排泄して身体のデトックスを行いたいです。

朝のティータイムの他に、就寝前に3〜5分ほどのストレッチでも副交感神経を優位にさせる事は可能です。

もちろん、朝のティータイムと夜のストレッチを両方組み合わせれば皿に良いです!

便秘でお腹が苦しい状態でダイエットを成功させる事はできません。

不必要な物は身体の外に出さなければ、栄養の吸収さえ悪くなるのです。

下腹部はぽっこりする、肌は荒れる、筋肉がつきづらいなどの原因でもあるのです。

たかが便秘、されど便秘。

これは、軽く見ていてはいけません!

 

このブログを書いている人
著者プロフィール
2017年4月時点で、トレーナー歴20年のベテラン。今でこそ人様の身体を預かる仕事をしていますがなんと元々は虚弱体質でした。現在は「怪我をしないでいかに強くなるか?」を探求し続けています。
恵比寿Mind_Bodyのスタジオ名で、パーソナルトレーニング専門スタジオを28歳で開設し、完全プライベート空間でのトレーニングシステムは業界でも先駆け的となりました。
スタジオ開設丸12年は業界でもトップ!鈴木謙太郎ブログではパーソナルトレーナーによる様々な体の知識を更新しています!

詳しいプロフィールを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です